汪楠

YouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』公開しました!長い間、刑務所で過ごした人間が社会復帰した場合の問題を語る。怒羅権(ドラゴン)創設元メンバー汪楠(ワンナン)

怒羅権と私 ~創設期メンバーが語る怒りと悲しみの半生~/汪 楠 (著)/彩図社
https://amzn.to/3okrcZk

1972年中国吉林省長春市生まれ。
エリート家系に生まれるも文化大革命の影響を受け、少年時代に犯罪集団の襲撃を受けるなどして育つ。14歳の誕生日に日本に渡り、以後、日本での生活を送ることになる。通学する葛西中学校には多くの中国残留孤児2世がいたが、どの家庭も貧困や差別に苦しんでおり、いじめに遭う者も多かった。残留孤児2世に対する激しいいじめに抵抗するために、自然発生的に集団化していったのが怒羅権だった。汪楠は創設期の怒羅権のメンバーである。 後に、暴力団に属し、さまざまな犯罪行為を行うが、2000年に詐欺罪などによって逮捕。13年の実刑判決を受け、岐阜刑務所で服役生活を送る。
2014年に出所。犯罪の世界には戻らないことを心に決めて、2015年には全国の受刑者に希望の本を差し入れする「ほんにかえるプロジェクト」を立ち上げる。現在も自分が犯した罪や怒羅権と社会の在り方などに向き合いながら活動を続けている。彩図社 出典元:Amazonアソシエイト利用規約

ほんにかえるプロジェクト

https://www.honnikaeru.com/doragontowatashi

ほんにかえるプロジェクト facebookページ
https://www.facebook.com/honnikaeru/

ほんにかえるプロジェクト 公式youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCV1RcWeBBlWVJauzE1WG28A

このチャンネルは汪楠・発起人による更正支援団体「ほんにかえるプロジェクト」のオフィシャルYouTubeチャンネルです。 ■「ほんにかえるプロジェクト」とは ほんにかえるプロジェクトは現在、在宅スタッフを含め15名のスタッフが活動に参加し、全国30カ所の刑務所、約200名の受刑者の更正をサポートしています。多くの受刑者は社会で孤立し、塀の中でも孤立したままであることが多く、面会や手紙のやり取りで社会とつながっているという実感が何よりも大切だと私たちは考えています。 ほんにかえるプロジェクトでは本を贈ることで、その人を思っている人間がいることを伝えるのを目的とし、そして受刑者との文通を通して社会との接点をつくり、孤立を防ぐ働きかけをしています。 ■ 「ほんにかえるプロジェクト」発起人・汪楠(ワンナン)について 1972年中国生まれ。エリート家系に生まれるも文化大革命の影響を受け、少年時代に犯罪集団の襲撃を受けるなどして育つ。14歳の誕生日に日本に渡り、以後、日本での生活を送ることになる。残留孤児2世に対する激しいいじめに抵抗するために自然発生的に集団化していった怒羅権の創設期のメンバー。後に暴力団に属し、2000年に詐欺罪などによって逮捕。13年の実刑判決を受け、岐阜刑務所で服役生活を送る。2014年に出所。犯罪の世界には戻らないことを心に決めて、2015年には全国の受刑者に希望の本を差し入れする「ほんにかえるプロジェクト」を立ち上げる。「NHKスペシャル」や「ザ・ノンフィクション」などにも取上げられ、初の著書『怒羅権と私 創世期メンバーの怒りと悲しみの半生』(2021年1月上梓)が話題に。 ■ 汪楠の著書『怒羅権と私 創世期メンバーの怒りと悲しみの半生』下記、ほんにかえるプロジェクトHP内から購入可能です。 https://www.honnikaeru.com/doragontowatashi

YouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』
軌跡の向こう側 Crossroads oYouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』

///
荒深 貞之 facebook
https://www.facebook.com/sadayuki.arafuka

~FUGA~キャスティング
http://fuga-casting.com/

企画・制作 8KOUKOKU
https://8koukoku.work/

#半グレ #刑務所 #受刑者

YouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』新しい動画vol.7を公開しました!ゲスト:怒羅権(ドラゴン)創設元メンバー汪楠(ワンナン)さん

怒羅権と私 ~創設期メンバーが語る怒りと悲しみの半生~/汪 楠 (著)/彩図社
https://amzn.to/3okrcZk

1972年中国吉林省長春市生まれ。
エリート家系に生まれるも文化大革命の影響を受け、少年時代に犯罪集団の襲撃を受けるなどして育つ。14歳の誕生日に日本に渡り、以後、日本での生活を送ることになる。通学する葛西中学校には多くの中国残留孤児2世がいたが、どの家庭も貧困や差別に苦しんでおり、いじめに遭う者も多かった。残留孤児2世に対する激しいいじめに抵抗するために、自然発生的に集団化していったのが怒羅権だった。汪楠は創設期の怒羅権のメンバーである。 後に、暴力団に属し、さまざまな犯罪行為を行うが、2000年に詐欺罪などによって逮捕。13年の実刑判決を受け、岐阜刑務所で服役生活を送る。
2014年に出所。犯罪の世界には戻らないことを心に決めて、2015年には全国の受刑者に希望の本を差し入れする「ほんにかえるプロジェクト」を立ち上げる。現在も自分が犯した罪や怒羅権と社会の在り方などに向き合いながら活動を続けている。彩図社 出典元:Amazonアソシエイト利用規約

 

ほんにかえるプロジェクト facebookページ
https://www.facebook.com/honnikaeru/

ほんにかえるプロジェクト

https://www.honnikaeru.com/doragontowatashi

ほんにかえるプロジェクト facebookページ
https://www.facebook.com/honnikaeru/

ほんにかえるプロジェクト 公式youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCV1RcWeBBlWVJauzE1WG28A

このチャンネルは汪楠・発起人による更正支援団体「ほんにかえるプロジェクト」のオフィシャルYouTubeチャンネルです。 ■「ほんにかえるプロジェクト」とは ほんにかえるプロジェクトは現在、在宅スタッフを含め15名のスタッフが活動に参加し、全国30カ所の刑務所、約200名の受刑者の更正をサポートしています。多くの受刑者は社会で孤立し、塀の中でも孤立したままであることが多く、面会や手紙のやり取りで社会とつながっているという実感が何よりも大切だと私たちは考えています。 ほんにかえるプロジェクトでは本を贈ることで、その人を思っている人間がいることを伝えるのを目的とし、そして受刑者との文通を通して社会との接点をつくり、孤立を防ぐ働きかけをしています。 ■ 「ほんにかえるプロジェクト」発起人・汪楠(ワンナン)について 1972年中国生まれ。エリート家系に生まれるも文化大革命の影響を受け、少年時代に犯罪集団の襲撃を受けるなどして育つ。14歳の誕生日に日本に渡り、以後、日本での生活を送ることになる。残留孤児2世に対する激しいいじめに抵抗するために自然発生的に集団化していった怒羅権の創設期のメンバー。後に暴力団に属し、2000年に詐欺罪などによって逮捕。13年の実刑判決を受け、岐阜刑務所で服役生活を送る。2014年に出所。犯罪の世界には戻らないことを心に決めて、2015年には全国の受刑者に希望の本を差し入れする「ほんにかえるプロジェクト」を立ち上げる。「NHKスペシャル」や「ザ・ノンフィクション」などにも取上げられ、初の著書『怒羅権と私 創世期メンバーの怒りと悲しみの半生』(2021年1月上梓)が話題に。 ■ 汪楠の著書『怒羅権と私 創世期メンバーの怒りと悲しみの半生』下記、ほんにかえるプロジェクトHP内から購入可能です。 https://www.honnikaeru.com/doragontowatashi

 

YouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』
軌跡の向こう側 Crossroads oYouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』
軌跡の向こう側 Crossroads of life ~人生の岐路を聞かせてや!~
Vol.7ゲスト:怒羅権(ドラゴン)創設元メンバー汪楠(ワンナン)さんの人生の岐路を荒深が聞く。

///
荒深 貞之 facebook
https://www.facebook.com/sadayuki.arafuka

~FUGA~キャスティング
http://fuga-casting.com/

企画・制作 8KOUKOKU
https://8koukoku.work/

#半グレ #暴力団 #暴走族