Yoitiro Ogawa

YouTubeチャンネル:まいっちんぐの裏話』実は、初期のまいっちんぐポーズは色々ありました♪

今回は、まいっちんぐマチコ先生のアニメ化の話をM子と一緒にまいっちんぐポーズでいろいろと実体験しながら裏話しますよ!

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 ドラえもん達との思い出編

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 名作秘話編

藤子スタジオ アシスタント日記 まいっちんぐマンガ道/えびはら武司 (著)

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 コミック 1-3巻セット/えびはら武司 (著)

【えびはら武司プロフィール】

昭和29年6月5日:京都に生まれる。
8年後に千葉県内に引っ越し、関西なまりが受けて一躍人気者になる。
その後、両親の仕事の都合で県内を転々とし続ける。

昭和48年8月:藤子スタジオに入社。
まんがの勉強とともにデザインの勉強にはげみ、50年に退社。
広告会社に勤務。

昭和55年3月:少年チャレンジに『マチコ先生のパンティー』の掲載をきっかけに上京(下井草)。

少年誌デビュー:同年5月より、『まいっちんぐマチコ先生』を連載。その後、千葉県内に戻る。

平成10年12月から、コミック版『まいっちんぐマチコ先生』株式会社ゼスト発刊(現在絶版)。

平成12年4月から、「日本工学院蒲田校」の講師になる。

平成13年以降、『コミック伝説マガジン』実業之日本社、『B.L.T.』東京ニュース通信社ほかで、『まいっちんぐマチコ先生』を連載。

作品リスト(平成15年12月現在)

『マンサンQコミックス・まいっちんぐマチコ先生』実業之日本社刊。

『まいっちんぐマチコ先生ヌード写真集~第2弾~「My Machiko」』(株)エンジン刊。A4サイズ。

『ダイソーコミックス・まいっちんぐマチコ先生【2】』ダイソー出版刊。

『ダイソーコミックス・まいっちんぐマチコ先生【1】』ダイソー出版刊。

『トラウママンガブックス・まいっちんぐスペシャル』英知出版株式会社刊。

『まいっちんぐマチコ先生ヌード写真集「Machiko」』(株)エンジン刊。A4サイズ。

『まいっちんぐマチコ先生・未収録作品集』実業之日本社刊。

『新・まいっちんぐマチコ先生/CDドラマvol.1~2』日本コロムビア。

—-

まいっちんぐマチコ先生・えびはら武司 公式サイト
https://machiko-sensei.jp/

えびはら 武司 facebook
https://www.facebook.com/takeshi.ebihara.75

えびはら 武司 Twitter

企画・制作 8KOUKOKU

8KOUKOKUのお仕事について

#まいっちんぐマチコ先生 #パントマイム #アニメ

YouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』vol.18を公開しました!ゲスト:日本駆けこみ寺 玄 秀盛(げん ひでもり)さん


駆け込み寺の男 -玄秀盛- (ハヤカワ文庫NF)/早川書房


大阿闍梨 酒井雄哉の遺言/佼成出版社


新宿歌舞伎町駆けこみ寺―解決できへんもんはない/角川春樹事務所

【プロフィール】

玄秀盛

1956年、大阪市西成区生まれ。両親の離婚などによって、複雑な家庭環境で育つ。「4人の母」「4人の父」のもとを転々とする。
中学卒業後、自動車修理工を皮切りに、すし職人、トラック運転手、葬儀業、キャバレー店長など、28業種に及ぶ職業を経験。
その後、経営者としての才覚を発揮し、建設、不動産、金融、調査業など、10社以上の会社を設立する。最盛期には6社を同時経営。その一方、1990年には比叡山の酒井大阿闍梨のもとで得度し、僧籍に入る。

2000年、献血の際に、自身がHTLV-1(白血病をおこす可能性のあるウイルス)の感染者であることを知る。それを機に過去と決別し、2002年、「NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会」(通称・新宿歌舞伎町駆け込み寺)を立ち上げる。
家庭内暴力、DV、虐待、ひきこもり、ストーカー、金銭トラブルなど、悩み苦しむ人々を救済するため、そして自身の「生きた証」を残すため、「現代の駆け込み寺」の活動に身を投じる。当初は24時間体制で面談・電話相談に応じていた。

2011年、NPOとしての活動を停止し、「一般社団法人日本駆け込み寺」を設立、その代表に就任する。同年12月、駆け込み寺をモデルにしたテレビドラマ『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』(主演・渡辺謙)が放送され、話題に。

2012年11月、内閣府より公益社団法人の認可を受け駆け込み寺を公益化し「公益社団法人日本駆け込み寺」に。
「たった一人のあなたを救う」。この言葉とともに、過去15年の活動歴の中で3万人以上の相談者の問題を解決した。

 

公益社団法人日本駆け込み寺 ホームページ
https://nippon-kakekomidera.jp/

歌舞伎町 日本駆け込み寺 youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC3hP3Dllz51mXv1Cv3BJb2w

軌跡の向こう側 Crossroads oYouTubeチャンネル『荒深ちゃんねる』
軌跡の向こう側 Crossroads of life ~人生の岐路を聞かせてや!~
Vol.18ゲスト:日本駆けこみ寺 玄 秀盛(げん ひでもり)さんの人生の岐路を荒深が聞く。

YouTubeチャンネル:舞台【まいっちんぐマンガ道~出発への扉~】9/7公開リハーサル&記者会見

まいっちんぐマンガ道_舞台チラシ

カメジルシ演劇団
【まいっちんぐマンガ道~出発への扉~】

【原作】
えびはら武司
「藤子スタジオアシスタント日記~まいっちんぐマンガ道~」

【脚本・演出】
IKKAN

【期間】
2021年9月8日(水)~12日(日)

【会場】
池袋KASSAI

【あらすじ】
漫画家・えびはら武司先生のアシスタント時代のお話を舞台化します。漫画家志望の若者・海老川タケシが、ベテラン漫画家・トビ子トビ雄に弟子入りし、トビ子スタジオで巻き起こる少し(S)不思議(F)な喜劇です。

《舞台概要》
『まいっちんぐマチコ先生』の作者、えびはら武司先生の自伝的漫画『藤子スタジオアシスタント日記~まいっちんぐマンガ道~』の舞台化シリーズ第3弾。
主人公のえびかわ青年が大人気漫画家トビコトビオと奇跡的な出会いを果たして弟子入り、漫画家への夢を抱く第1話【未来への扉】、えびかわ青年が見た師匠トビ本ひろしの挫折と葛藤を描いた第2話【希望への扉】、そして第3話はコミックの大ヒット、映画化と今日の世界的ヒットへと繋がる胎動を体験しつつ自分の作品を描く為にスタジオを飛び立つ【出発への扉】。
コロナウイルスが猛威を振るった昨年、今この時だからこそ、寝食を忘れるほどに努力して夢を目指すことの大切さ、素敵さを伝えたく始まった舞台シリーズ。
原作はえびはら武司、脚本&演出はIKKAN、主演は亀吉。共演には武田知大、鳳恵弥を迎えます。
是非、ご期待下さい。

【出演】
亀吉
武田知大

斉藤ひかり【F】
蜷川まゆ【A】
森ノたまみ【F】
桐井優【A】
今江言多
津下陽介
阿部龍一
西浩太朗

鳳恵弥

<回替わりゲスト>
IKKAN
まーみ

【日程】
2020年9月
08日(水)14:00【F】/18:00【F】
09日(木)14:00【A】/18:00【A】
10日(金)14:00【F】/18:00【A】
11日(土)13:00【A】/17:00【F】
12日(日)12:00【F】/16:00【A】
・全10ステージ
・受付は開演の45分前、開場は開演の30分前を予定しています。

【会場】
池袋KASSAI
JR「池袋駅」東口より徒歩10分
http://www.kassaikikaku.co.jp/ACCESS.html
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-45-2
電話 03-5944-9227
※スタンド花のお贈りはお断りしております。
※劇場に駐車場・駐輪場はございません。
※近隣のご迷惑になりますので、劇場建物の付近では溜まらないようお願いいたします。

【チケット】
前売券:5000円(全席指定)
https://ticket.corich.jp/apply/114148/EBI/
★8/20(金)10:00チケット一般発売開始
チケット予約に関するお問い合わせは以下のメールアドレスからお願いいたします。
kamejirushi.ticket@gmail.com

【スタッフ】
原作 えびはら武司
作・演出 IKKAN
主題歌 濱湊かつき『すぐそこで逢えるから』『お月さまが微笑んでいるよ。』
音楽 タナカアキヒサ
演出助手 鳳恵弥/まーみ
舞台監督 村上裕亮/伏見翔
舞台美術 木之枝棒太郎(虹の素)
音響 角丸雄亮(DISCOLOR Company)
照明 仲光和樹(E-FLAT)
制作 山下那津子
企画・製作 株式会社しぃぼるとぷろだくしょん

【問い合わせ】
カメジルシ演劇団

kamejirushiengekidan@gmail.com(公演に関するお問い合わせ)
kamejirushi.ticket@gmail.com(チケットに関するお問い合わせ)

本公演は新型コロナウイルス感染予防・拡散防止への対応策を実施しております。
ご観劇の際は、マスクの着用をお願いいたします。
また、キャスト・スタッフへの差し入れは禁止させていただきますのでご了承くださいませ。

===================

☆お祝い花、差入れについて☆
★☆応援札お受付☆★

本舞台は感染症予防対策に則りまして、お祝い花、お差し入れは一切お断りさせて頂きます。
代わりに応援札を設置し、ロビー及びお座席にお名前をご掲示させて頂きます。

お申し込み頂けます際は
kamejirushiengekidan@gmail.com
こちらまで下記情報をご記入の上、お申し込みください。

①ご掲示名
②応援役者(又は出演者全員)
③応援札サイズ
<大>30,000円
<中>20,000円
<小>10,000円
※法人名を記入できるのは『大』のみとなります。
※タイトルに『応援札申込』でメール頂けますようお願い申し上げます。

—-

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 ドラえもん達との思い出編

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 名作秘話編

藤子スタジオ アシスタント日記 まいっちんぐマンガ道/えびはら武司 (著)

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 コミック 1-3巻セット/えびはら武司 (著)

【えびはら武司プロフィール】

昭和29年6月5日:京都に生まれる。
8年後に千葉県内に引っ越し、関西なまりが受けて一躍人気者になる。
その後、両親の仕事の都合で県内を転々とし続ける。

昭和48年8月:藤子スタジオに入社。
まんがの勉強とともにデザインの勉強にはげみ、50年に退社。
広告会社に勤務。

昭和55年3月:少年チャレンジに『マチコ先生のパンティー』の掲載をきっかけに上京(下井草)。

少年誌デビュー:同年5月より、『まいっちんぐマチコ先生』を連載。その後、千葉県内に戻る。

平成10年12月から、コミック版『まいっちんぐマチコ先生』株式会社ゼスト発刊(現在絶版)。

平成12年4月から、「日本工学院蒲田校」の講師になる。

平成13年以降、『コミック伝説マガジン』実業之日本社、『B.L.T.』東京ニュース通信社ほかで、『まいっちんぐマチコ先生』を連載。

作品リスト(平成15年12月現在)

『マンサンQコミックス・まいっちんぐマチコ先生』実業之日本社刊。

『まいっちんぐマチコ先生ヌード写真集~第2弾~「My Machiko」』(株)エンジン刊。A4サイズ。

『ダイソーコミックス・まいっちんぐマチコ先生【2】』ダイソー出版刊。

『ダイソーコミックス・まいっちんぐマチコ先生【1】』ダイソー出版刊。

『トラウママンガブックス・まいっちんぐスペシャル』英知出版株式会社刊。

『まいっちんぐマチコ先生ヌード写真集「Machiko」』(株)エンジン刊。A4サイズ。

『まいっちんぐマチコ先生・未収録作品集』実業之日本社刊。

『新・まいっちんぐマチコ先生/CDドラマvol.1~2』日本コロムビア。

—-

まいっちんぐマチコ先生・えびはら武司 公式サイト
https://machiko-sensei.jp/

えびはら 武司 facebook
https://www.facebook.com/takeshi.ebihara.75

えびはら 武司 Twitter

企画・制作 8KOUKOKU

8KOUKOKUのお仕事について

#舞台
#俳優
#えびはら武司